免許申請代行

困った人業務用無線機をお持ちの方必見! その無線機、免許は取っていますか?
住所など、変わったことはありませんか?
免許を取ってからそろそろ5年経ちませんか?

無線機を使うには、免許が必要です (※一部必要ないものもあります)
面倒な免許申請に関しては、田中電気に全てお任せください!

> 田中電気に申請を任せていただきたい理由はこちら

■免許申請について
■無線機を使うのに資格は必要?
・無線従事者について
■免許の管理
・免許の有効期間、再免許更新
・変更申請
■費用
・免許申請時
・免許取得後
■申請を依頼するには
■よくある質問
■申請担当者から一言

免許申請について

業務用無線局を使用するには、所轄の総務省各総合通信局への免許申請が必要となります。
~電波法第6章、第6条から抜粋~
無線局の免許を受けようとする者は、申請書に、次に掲げる事項(省略)を記載した書類を添えて総務大臣に提出しなければならない。

免許を取得せずに無線機を使用すると、電波法違反となり、罰則の対象となります。

また、免許取得後は5年ごとに更新手続き(再免許申請)が必要です。
詳しくは「免許の有効期間」をご覧ください。
免許申請の流れは以下の通りです。

免許申請(登録)が必要な無線の種類は以下のとおりです。
・簡易無線局(免許局/登録局)
・一般業務用無線局
・MCA無線

無線機を使うのに資格は必要?

資格者(無線従事者)の有無は、お使いの無線機の種類によって異なります。

特定小電力 簡易無線局 (免許局/登録局) 一般業務用無線 MCA無線
申請(登録)の有無 ×
無線従事者の有無 × × ×
電波利用料の請求の有無 ×

免許の管理

免許の有効期間・再免許更新
業務用無線機は、免許を取得したら5年ごとに更新手続き(再免許申請)が必要です。手続期間は免許の切れる「3か月前~6か月前まで」です。
お手持ちの免許状右上の「免許の有効期間」をお確かめください

免許状 再免許案内用

田中電気で申請を行ったお客様には、手続期間になりましたら、再免許のお知らせをいたしております。
変更申請
無線機の買い替えや住所変更などがあった場合は、変更申請が必要となります。
弊社以外で購入、申請されたお客様の申請も承りますので、ご相談ください。

費用

免許申請時
規定の印紙費用と、別途当社での申請作成費用が必要です。(無線の種類、台数などで費用は異なるので、お問い合わせください)
新設・増設の場合
H20.4.1施行
無線局の種別 電力 電子申請 紙申請 備考
個別免許
・簡易無線局のうち免許局
・一般業務用無線局
1W以下 2,550円 3,550円 無線機1台ごとに必要
1W超5W以下 3,050円 4,250円
5W超10W以下 4,500円 6,700円
包括登録
・簡易無線局のうち登録局
2,150円 2,900円 新設時のみ必要
台数に関係なく一式
包括免許
・MCA無線
7,300円 10,200円 新設時のみ必要
台数に関係なく一式
再免許(再登録)の場合
H20.4.1施行
無線局の種別 電力 電子申請 紙申請 備考
個別免許
・簡易無線局のうち免許局
・一般業務用無線局
1W以下 1,500円 1,950円 無線機1台ごとに必要
1W超5W以下 2,400円 3,350円
5W超10W以下 3,250円 4,950円
包括登録
・簡易無線局のうち登録局
1,400円 1,850円 台数に関係なく一式
包括免許
・MCA無線
3,350円 4,800円 台数に関係なく一式
申請後
・電波利用料
1年に1度、所轄の総務省 各総合通信局より電波利用料の請求書が届きます。免許日を基準日として、無線機1台ごとに納付義務が発生します。 電波利用料とは・・・不法電波の監視や、電波の適正な利用の確保のために使用されるものです。3年に一度金額の見直しが行われます。
主な無線局の電波利用料
H26.10.1改定
無線局の種別 金額  (1局あたり) 備考
簡易無線局 (CR) 600円 免許局、個別登録局
540円 包括登録局
基地局 (FB)、携帯基地局 (FP) 8,700円 3000MHz以下、0.01W以下
10,600円 3000MHz以下、0.01W超
陸上移動局 (ML) 600円
携帯局 (MP) 600円
MCA無線局 200円

申請を依頼するには

お客様は委任状を準備頂くだけで結構です。面倒な申請はすべて弊社で代行いたします。
書式は下記からダウンロード可能です。

困った人 > 委任状(田中電気宛)のダウンロードはこちら

よくある質問

免許が下りるまでの期間はどのくらいですか
総務省 総合通信局へ申請書を提出してから約1ヶ月ほどかかります。
免許に有効期限はありますか
免許の日から5年間です。引き続き使用するには、更新手続き(再免許申請)が必要です。
電波利用料って何ですか。またいくらですか。
電波利用料をご覧ください
免許状を紛失してしまいました。
免許状再発行手続きの代行をいたします。
なお免許状1枚につき印紙代:1,300円が必要です。(別途申請作成費用がかかります)
再免許更新期間が過ぎてしまったのですが。
引き続き無線機を使用する場合は、新たに免許の取りなおしをする必要があります。まずはご連絡ください。
なお、免許の有効期間が切れてしまった無線機は絶対に使用しないで下さい。(無免許での使用は電波法違反となり罰則の対象となります)
本社が移転しました。
変更申請が必要です。 なお申請書類の添付資料として、履歴事項証明書の写しが必要となります。
社名が変わりました。
変更申請が必要です。
なお申請書類の添付資料として、履歴事項証明書の写しが必要となります。
使っていない無線機があるのですが。
廃止届は提出してありますか? 廃止届を提出しないと、毎年電波利用料の請求が発生します。
弊社で廃止届の作成も行いますのでご相談下さい。(別途申請書作成費用がかかります)
なお廃止日は、提出日より遡っての日付指定はできませんのでご注意ください。
無線機を買い替えたのですが。
変更申請が必要です。弊社でご購入頂いたお客様の情報は全て管理しておりますので、安心してお任せください。
また他社でご購入・申請をされたお客様もご相談ください。
資格者は必要?
お使いの無線機によって異なります。こちらでご確認ください

申請担当者から一言

免許申請書はお客様自身で作成・提出する事も可能ですが、専門用語が多く、また記入枚数・項目も多いため、初めて無線を使われる方には難しいものです。
田中電気なら、申請専任の担当者が申請書作成だけでなく、取得後の管理も完璧に行っておりますので、安心しておまかせください。

また、再免許申請については、免許を取得して次の更新が5年後なので、更新時期がいつなのかを覚えていることは難しいと思います。
手続き期間も決められているため、うっかり免許を切らしてしまうお客様も多くいらっしゃいます。

田中電気で申請を行ったお客様の情報は、提出書類をファイルにするだけでなく、専用のデータベースを使って大切に管理をしております。
再免許手続期間になりましたら、お客様へすぐご案内をいたしますので、免許切れをおこして慌ててしまうという事がありません。
同様に再免許申請だけでなく、変更があった場合もすぐに対応することができます。
面倒な無線の免許申請は、ぜひ田中電気におまかせください!

banner

Copyright(c) 田中電気株式会社 All Rights Reserved.